15年連続ロフト手帳売上No1を記録するほぼ日手帳

2020年1月始まり weeks 皆川明 他人だったのに。 ほぼ日手帳

2020年1月始まり weeks 皆川明 他人だったのに。 ほぼ日手帳


2020年1月始まり weeks 皆川明 他人だったのに。 ほぼ日手帳

糸井重里のことばを集めた本「他人だったのに。」の表紙のためにデザイナー皆川明さんが描いた装画で、weeksを作りました。

「他人だったのに。」は、糸井重里がほぼ日刊イトイ新聞上で毎日書いている原稿1年分、そして同じく1年分のツイートの中から、こころに残ることばを厳選して1冊の本にまとめたものです。

「小さいことば」シリーズとして2007年から毎年1冊ずつ出版されていて、2018年に出た「他人だったのに。」はその最新版となります。

太い鉛筆の線とうすい緑やピンク、ブルーの水彩、色鉛筆で引かれたストライプ。

たくさんの色や光や風が、あるいは音やことばが天から降り注いでくるような‥‥見つめているだけで、なんともいい気分になってきませんか。

今回は、本の表紙で使われた作品の一部を使って、weeksとしてデザイン。

あらたな世界観が生まれました。

あたたかく、軽やかなweeksとともに、すてきな2020年をどうぞ。

また、「ほぼ日手帳 weeks」にはおまけとして、裏面がシールになっていて好きな場所に貼れる「クリアポケット」がついてきます。

収納がほしいときや、雰囲気を変えたいときには、専用のweeksカバーをつけて、カスタマイズすることもできます。

「手帳」&オススメ商品